STAFF JOURNALスタッフジャーナル

設計・監理ジャーナル

設計監理レポート【Like平岸3-17】

第三者機関による検査を行いました

今日はJIOによる配筋検査の立ちあいでした。
これは、住宅瑕疵保険を受けるための第三者機関による検査で、主に鉄筋が適正に施工されているかのチェックを受けます。

写真は札幌での自社施工物件LIKE平岸3-17です。

自社スタッフによる配筋検査

自社で設計監理をしている物件は、この検査を行う数日前に、係わった建築士が必ず配筋の検査をしています。社内には構造設計者も複数名いますので、修正が必要な場合はその場で職人に指示を出し、補正後の確認をします。
その為、第三者機関の配筋検査も指摘を頂くことはほとんどありません。

検査が終われば次はコンクリート打設。天候も安定していますので順調に進みそうです。

Like平岸3-17の販売予告情報

弊社が運営するRC戸建住宅情報サイト「RCスタイル(http://www.rc-style.jp)」にて、Like平岸3-17の販売予告情報を掲載中です。
こちらも、ぜひご覧ください。

キーワードKEYWORD

この記事にコメントする

関連記事

2018.03.26|

構造設計からの「コンクリートのはなし」#2

高橋洋一

構造設計部高橋洋一

228

0

0

2018.02.21|

構造設計からの「コンクリートのはなし」#1

高橋洋一

構造設計部高橋洋一

302

0

2+

2018.02.26|

設計監理レポート【東京都練馬区】

福田 和宏

意匠設計部福田 和宏

254

0

11+
PAGE TOP