HOME > デザイン日和  > ペア囲碁 知恵の輪JAPAN

2010年12月04日

ペア囲碁 知恵の輪JAPAN

長く生きていても、いまだに「へ〜、こういう世界があったんだ〜」という事に出会います。

最近、そんな気持ちになったのは

「ペア囲碁」。

先日まで広州で開催されていたアジア競技大会で初めて正式種目として採用。

囲碁がアジア大会の競技である事にも違和感がありますが

さらに「ペア囲碁」という初めて聞く名前に、とてもひっかかりを感じました。

このペア囲碁、男女混合種目で、卓球のように交互に打つのがルール。

なんで男女ペアなのか。

そもそもペア囲碁の発端は、女性にも囲碁を普及させたいということだったようです。

でも本音は「女の子と一緒に打ったほうが花があって楽しいじゃん」かな?(憶測)。

いずれにしても「楽しむ」ことが当初の基本コンセプト。


・・・しかし、メダルのかかった国際大会ともなれば話は違ってきます。

今回のアジア大会では、奇想天外な戦法も登場。

予選で韓国のペアは、相手の「持ち時間切れ負け」を狙って

意味のない手を次々打つ、かく乱戦法で挑み、審判に警告を受けて逆に負けたとか・・・

12.4.jpg

日本代表ペアは、味方同士の会話が反則というルールへの対策として

まるで罰ゲームを受けているかのようなマスク着用で競技したりとか・・・

極めつけはこれまた韓国の選手。

12.4.2.jpg

なんと頭に針を打ったまま競技。

「お腹が痛かったので・・・」とコメントしていましたが

ドーピングにあたるのではないかという議論もあるとか・・・。


ときとして、真剣になればなるほど、端から見て「おもしろいこと」になっている・・・

そんな好例を見た感があります。


蛇足ですが、今回の囲碁日本代表、
愛称は「知恵の輪JAPAN」です。
この「代表の愛称」って、最近必須になっていますが
どこかの企業に利権がもたらされるんでしょうかね?
そんな匂いがなんとなくします。



↓一日一 回、スノーマンに狙いを定めてワンクリック。お願いします。
人気ブログランキングへ

札幌でコンクリート住宅を建てたい方は、株式会社デ ザインセンターD-home。





※本記事に使われている画像は著作権法第32条で定められた「引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない」という制限の元に引用しており、著作権侵害及び営利目的で使用ではありません。権利侵害にあたると感じられた関係者の方々はご連絡いただければ即刻削除いたします。

トラックバック(0)

http://27.34.147.239/cmt/mt-tb.cgi/1968

コメントする

※ 名前、電子メール、コメントは必ず入力して下さい。

※ コメントは管理者が内容を確認してから公開されます。掲載されるまで時間がかかる場合がございます。

Profile

株式会社デザインセンターにて、広告企画・制作を行っています。
全国の建築、不動産会社とやり取りをしていると県民性の違いを感じることもしばしば・・・道産子はあたらし物好きで飽きっぽい。自分はその典型です。

Links

デザインセンター社長ブログ
「一日一絵」
株式会社デザインセンターの照れ屋で口べたの社長が日常生活で感じたこと、身の回りのものを絵にしています。

このページの先頭へ