HOME > デザイン日和  > 2011年10月

"2011年10月"のブログ記事一覧

2011年10月28日

70億人目の赤ちゃんに認定書〈UNFPA東京〉

世界の人口が、10月31日に70億人に達します。(どこまでの精度かわかりませんが)

それを記念して国連人口基金(UNFPA)では、

31日に全世界で誕生する赤ちゃん全員を「70億人目の赤ちゃんたち」として祝福するそうです。

さらに、UNFPA東京事務所では独自に「70億人目認定証」を発行してくれます。

 

2011-10-28-18.58.jpg

 

どんな証明書なんでしょう?

(ちなみに日本では平均1日3,000人の赤ちゃんが生まれています。)

証明書の請求には手続きが必要→70億人の世界×70億人のアクションキャンペーン

 

生まれてくる子ども達はもちろん祝福に値しますが、

この70億という人口は、どちらかというと様々な問題要因を中心に語られます。

人口の推移を見てみると、この先、どうなっちゃうの?と思ってしまいますよね。

どこかで頭打ちになるという学者も多いですが。

※人口問題に関する、個人や団体でできることがあります。→あなたにできること

 

jinko.jpg

 

日本は日本で、少子化、高齢者比率の上昇と別な問題で、たいへんです。

 

地球の人口問題に興味のある方はこちらも参照下さい。わかりやすく説明されています。

ナショナルジオグラフィック「70億人の地球」

 

 

人気ブログランキングに参加中です。

一日一回、コウモリを狙ってクリック応援お願いします。

人気ブログランキングへ


幸せになるために家はある。

札幌でコンクリート住宅を建てたい方はD-homeの情報をご覧下さい。

設計、構造計算、広告デザイン、WEB制作のお問い合わせは株式会社デ ザインセンター

 

2011年10月26日

ザッポス伝説〈DELIVERING Happoness〉

ビジネス書として日本でも売れていたので、読んでいる方も多いと思いますが

「ザッポス伝説〈原題:DELIVERING Happiness〉」について。

deliverring.jpg

 

Zapposは、靴やアパレルを扱うアメリカのネット通販会社です。

試し履きできないので通販には向かないと言われていた「靴」でしたが

流通改革と、徹底的な顧客サービスで、驚異的な発展を遂げてきました。

(靴のオンラインショップとしてはアメリカ最大)

そのザッポスのCEOトニー・シェイ氏が書いたのがこの本、「ザッポス伝説」。

原題の〈DELIVERING Happiness〉の方が内容をよく表しています。

 

この企業の姿勢は、とにかく超顧客主義。

たとえば24時間年中無休のコールセンターに、その一端があります。

このコールセンター業務にマニュアルは無し。

対応はオペレーターの裁量に任されていて

ときには顧客の電話に何時間でもつきあうことも。(最長記録は7時間半)

また、自社に在庫がなければ3社以上の他サイトをチェックし、

あれば顧客に教えたりという、ちょっと常識を超える対応をしたりもします。

(深夜、滞在先のホテルから「ピザが食べたい」と冗談半分に電話すると、

営業している店をリストアップして教えてくれたという逸話もあります)

 

サービスを通じて,WOW(驚嘆)を届けよう。

これがザッポスの重要なコアバリュー(企業理念)のひとつです。

 

何故、ザッポスはそこまでするのか。

それは、「カスタマー・サービス」を「コスト」として見るのではなく

「ブランディングと顧客ロイヤリティを築くための投資である」という考え方を持っているからです。

 

日本の会社も伝統的に、サービスを付加価値としているところは山ほどあると思います。

「顧客満足」「顧客第一主義」は、どこの会社も謳いますし、

(マニュアル通り)顧客対応の社員教育も行き届いています。

が、本当に「カスタマー・サービス」で、突出した差別化が出来ている会社というと・・・頭の中に浮かぶでしょうか?

 

「そのサービスを与えることで、その商品から(あるいはその顧客から)いくら利益を出せるの?」といった

(近視眼的な)原価管理の考え方をするのが、ある意味、企業として常識ではないでしょうか。

 

一見、今の時代においてはローテクとも思えるザッポスのやりかた。

でも、これが「ソーシャルネットワーク」上で「共感」をよび

結果として、企業価値を高めることに繋がっています。

 

「逆にこちらが元気をもらいました」

震災後、ボランティアに行った方々などからよく聞く台詞です。

DELIVERING Happinessっていうのは、

実は社員も幸せを感じるミッションなんでしょうね。

 

 

人気ブログランキングに参加中です。

一日一回、コウモリを狙ってクリック応援お願いします。

人気ブログランキングへ


幸せになるために家はある。

札幌でコンクリート住宅を建てたい方はD-homeの情報をご覧下さい。

設計、構造計算、広告デザイン、WEB制作のお問い合わせは株式会社デ ザインセンター

 

2011年10月25日

クラシファイドLivlis

先日、会社で設計したモデルハウスがオープンし

短い時間でしたが、現地で接客対応していました。

その間、訪れたある若い家族

帰り際、簡単な資料と記念品(ステンレスサーモグラス)をお渡ししたのですが

記念品は受け取っていただけませんでした。

とても丁寧に「ごめんなさい、ウチはいただかないことにしているんです」と。

一瞬「?」っと思いましたが、たぶんそれは、このご家族のライフスタイルなんでしょうね。

なんだかきっぱりとしたものを感じました。

 

お断りされたのは、そのご家族だけでしたが

やはり「世の中、変わってきているのかな?」と自分で勝手に納得。

 

最近、マーケティングや広告関連の本を見ても、

見出しに踊っているのは「ソーシャルメディア」とか「シェア」とか「共感」いう言葉。

極論、「従来の広告は、今の消費者にとって逆効果」だとさえ言わんばかりに。

(いや、もしかするとそうなのかもしれません。)

特に「俺ってすごいでしょ」的な広告は「共感」というメンタルを尺度にするユーザーには

なかなか響かない時代なのかもしれません。

 

ソーシャルネットワークの人間関係でモノを「もらったり」「あげたり」するサイト「Livlis」。

2011-10-25-19.28.jpg

 

やりとりにお金は発生しません。(送料負担はありますが)

双方の条件があえば、ときには手渡しでやりとりが行なわれます。

(わかりにくいですが、運営側は、ちゃんと収益構造があります)

 

ただでももらわない人もいれば、ただでも譲る人がいる。

そこにあるのは、モノを介して交換される「感謝」とか「繋がり」とか「共感」。

つまりソーシャルキャピタルなんでしょうね。

企業と消費者の関係も、そこが重要な時代になったのかもしれません。

それを築くのはとても時間がかかることだとは思いますし、

広告だけの話では収まらないことでしょう。

発信側にとっては、難しい話です。

 

 

人気ブログランキングに参加中です。

一日一回、コウモリを狙ってクリック応援お願いします。

人気ブログランキングへ


幸せになるために家はある。

札幌でコンクリート住宅を建てたい方はD-homeの情報をご覧下さい。

設計、構造計算、広告デザイン、WEB制作のお問い合わせは株式会社デ ザインセンター

 

 

2011年10月22日

586枚のしあわせのハンカチ展

 

日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)の主催で

「586枚のしあわせのハンカチ展」が「4丁目プラザ」(札幌市中央区南1西4)で開催されています。

これは東日本大震災復興支援チャリティー企画の一環で、

JAGDAに所属するグラフィックデザイナー586人が

1人1枚ずつデザインしたハンカチを展示している巡回展です。

 

2011-10-22-11.14.jpg

 

 

会場(又はネット)でハンカチ1枚を購入すると、

同じハンカチ1枚が被災地の子どもたちにプレゼントされます。

ハンカチは予約販売で展覧会終了後に製作され購入者分は後日配送。

子ども達へのプレゼント分は、来春の新学期に合わせて配布予定だそうです。

 

開催日時:2011.10月22日〜30日 10時~20時。入場無料。

 

それぞれに込めたデザイナーの「思い」も感じることができます。

 

2011-10-22-11.142.jpg

 

Handkerchifs for Tohoku Children

 

 

人気ブログランキングに参加中です。

一日一回、コウモリを狙ってクリック応援お願いします。

人気ブログランキングへ


幸せになるために家はある。

札幌でコンクリート住宅を建てたい方はD-homeの情報をご覧下さい。

設計、構造計算、広告デザイン、WEB制作のお問い合わせは株式会社デ ザインセンター

 

 

2011年10月21日

韓国の造形作家Yeong-Deok Seo

最近インパクトを感じたアート。

韓国の造形作家Yeong-Deok Seo氏の、チェーンを溶接して作られた作品です。

 

tumblr_ltdeqhNgCN1qggjf7o1_1280.jpg

 

seo-5.jpgのサムネール画像

 

seo-3.jpgのサムネール画像

 

seo-2.jpg

 

苦悩してます。

 

 

人気ブログランキングに参加中です。

一日一回、コウモリを狙ってクリック応援お願いします。

人気ブログランキングへ


幸せになるために家はある。

札幌でコンクリート住宅を建てたい方はD-homeの情報をご覧下さい。

設計、構造計算、広告デザイン、WEB制作のお問い合わせは株式会社デ ザインセンター

 

2011年10月06日

制作実積〈自社オープンハウスフライヤー〉

北方型住宅の新たな提案となる、株式会社デザインセンター〈販売チャンネル:D-home〉の

蓄熱式鉄筋コンクリート外断熱住宅のモデルハウスが、一般公開を開始しました。

※同時にモデル棟、オーナー予約受付中です。

と き:2011年 10月8日(土)・9日(日)・10日(祝)AM10:00〜PM5:00

ところ:札幌市豊平区月寒東2条5丁目2

詳細情報

社内制作の、オープンハウス告知折込チラシです。

dhome_open_omote.jpg

dhome_open_ura.jpgのサムネール画像

art director/Tomonori Furuta  photographer/ Shigeo Tamura  copywriter/Masanori Horita

 

 

人気ブログランキングに参加中です。

一日一回、コウモリを狙ってクリック応援お願いします。

人気ブログランキングへ


幸せになるために家はある。

 

札幌でコンクリート住宅を建てたい方はD-homeの情報をご覧下さい。

 

 

設計、構造計算、広告デザイン、WEB制作のお問い合わせは株式会社デ ザインセンター

2011年10月06日

think different

クレージーな人たち (Apple CM ナレーション訳)

 

クレージーな人たちがいる。

反逆者、厄介者と呼ばれる人たち。

四角い穴に、丸い杭を打ち込むように、物事をまるで違う目で見る人たち。

彼らは規則を嫌う。彼らは現状を肯定しない。

彼らの言葉に心うたれる人がいる。

反対する人も、賞賛する人も、けなす人もいる。

しかし、彼らを無視することは誰にもできない。

なぜなら、彼らは物事を変えたからだ。

彼らは人間を前進させた。

 

クレージーと言われる人たちを、私たちは天才だと思う。

自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが、

本当に世界を変えているのだから。

 

think different

 

 

(NA) 

Here’s to the crazy ones. 

The misfits. 

The rebels. 

The troublemakers. 

The round pegs in the square holes. 

The ones who see things differently. 

They’re not fond of rules. 

And they have no respect for the status quo. 

You can quote them, disagree with them, glorify or vilify them. 

About the only thing you can’t do is ignore them. 

Because they change things. 

They push the human race forward. 

Some may see them as the crazy ones. 

We see the genus. 

Because people who are crazy enough 

to think they can change the world are the ones who do.

 

人気ブログランキングに参加中です。

一日一回、コウモリを狙ってクリック応援お願いします。

 

人気ブログランキングへ

 

札幌でコンクリート住宅を建てたい方は、株式会社デ ザインセンターD-home

情報をご覧下さい。

 

2011年10月05日

ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク 国王、結婚

ブータン王国の若き国王、ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王(31)が

今月13日にご成婚らしいですね。

お相手は、一般人のジェツン・ペマさん(20)。

 

10.5.jpg

 

 

国王ご自身は、「あまり大掛かりな公式行事にしないでくれ」と要望したそうですが

国民は「国王と言えば父親同然。精一杯お祝いさせてください」と願っているとか。

なんとも、ブータンらしい、あたたかな気持ちになるお話です。

 

 

人気ブログランキングに参加中です。

一日一回、コウモリを狙ってクリック応援お願いします。

人気ブログランキングへ

 

札幌でコンクリート住宅を建てたい方は、株式会社デ ザインセンターD-home

情報をご覧下さい。

2011年10月03日

言葉の力

どうせ、広告のコピーなんて、だれも真剣に読まないでしょ。

デザイナーだって、所詮、自分のデザインを装飾するための

「図形」程度にしか思っていないでしょ。

・・・って、自虐的に吐き捨てたりしながらも

時には脂汗流しながら、乾いた雑巾を絞るように

言葉と格闘したりする人もいます。

言葉の力を信じて。

 

 

nagano.jpg

 

『時の商人』

その商人は時を売っていた。

「いらっしゃいませ。時はいかがでしょうか?1分から承ります」

ある男は商人から1時間買った。

1時間買った男は、

それを読書の時間に使った。

ある女は1週間買った。

1週間買った女は、

それを海外旅行に使った。

「10年欲しいのだがね」

ある老人は商人に聞いた。

「お客様、10年だと、すこし値がはりますが」

「かまわん。10年ぶんよこせ」

10年買った老人は、

それを病気の妻に譲った。


時に、ドラマを。
宝石 時計 長野

クライアント/長野時計店 作/松田正志  2007年

 

 

 

 

 

人気ブログランキングに参加中です。

一日一回、赤とんぼを狙ってクリック応援お願いします。

人気ブログランキングへ

 

札幌でコンクリート住宅を建てたい方は、株式会社デ ザインセンターD-home

情報をご覧下さい。


 

Profile

株式会社デザインセンターにて、広告企画・制作を行っています。
全国の建築、不動産会社とやり取りをしていると県民性の違いを感じることもしばしば・・・道産子はあたらし物好きで飽きっぽい。自分はその典型です。

Links

デザインセンター社長ブログ
「一日一絵」
株式会社デザインセンターの照れ屋で口べたの社長が日常生活で感じたこと、身の回りのものを絵にしています。

このページの先頭へ