HOME > デザイン日和  > 2009年4月

"2009年4月"のブログ記事一覧

2009年04月30日

ヒヤリ!でも4連勝!!

今日の札幌は、正午現在18度。暖か〜い。

昨日もいい天気。ホームセンターの園芸コーナーもにぎわっていた。


夕方、娘と二人で札幌ドームへ。

J2リーグ第11節、VS愛媛戦。

P1010142.JPG


P1010145.JPGのサムネール画像








「今日は、宮澤がボランチか。
しっかり頼むぞ・・・」と
厳しい目でピッチを見る小学生。








P1010168.JPG




でも、試合始まったら、マンガ見てるし。










P1010174.JPG 

試合は、3−0から終盤2点取られて3-2で終了。ヒヤリとさせながらも4連勝。

選手も喜びを満面に出せない終わり方。

世界一過酷な日程といわれる日本のJ2リーグ、選手の疲労を考えれば、こういう試合もあるだろう。

休む間もなく、中2日でアウェーの福岡戦。

内容は二の次、とにかく勝って帰ってこよう。



コンクリート住宅情報サイトcon-sa.comもよろしく。


デザイン日和はブログランキングに参加しています。
↑Click please 



2009年04月26日

季節はずれの雪の朝

4月26日、札幌はみぞれ。

午前6時現在、しんしんと降り続いている。

ずぼらして冬タイヤのままでよかった。

P1010138.JPG

P1010139.JPG

P1010140.JPG

2009年04月24日

スタジオ撮影

今日は何年かぶりにスタジオ撮影の立ち会い。


最近、広告などを見ていても、めっきりスタジオ撮影の作品が少なくなった気がする。

別にそれが必ずしも悪い訳ではないけれど、

ワンカットのために、カメラマンとあーでものない、こーでもないと

試行錯誤を繰り返して作ってた頃も懐かしい。


P1010134.jpg



2009年04月23日

ありがとう。

最近、意識して使っている言葉がある。

「ありがとう」。


こんな時に使う。

コンビニで若い店員が愛想よく、商品を入れた袋を差し出してくれたとき。

「ありがとう」。

飲んだ夜、タクシーで自宅に帰って降りるとき。

「ありがとう」。

札幌ドームでボランティアスタッフに案内を受けたとき。

「ありがとう」

今まで、「どうも」で済ませてきた場面を「ありがとう」に替えてみた。

ちょっと紳士っぽくて気に入っている。

使う言葉ひとつ変えると、気分も変わるものだ。


そういえば昨日、

うちの会社のある人の車が、後ろから来た車にコツンとされた。

加害者の若い男性が、あらためて会社に謝りに来て・・・。


可哀想に・・・。かなり緊張していたのだろう。

入口でこう言った。

「今朝、こちらの○○さんの車にぶつけさせていただいた者なんですが・・」


使う言葉ひとつ間違うと、場の空気も変わるものだ。


デザイン日和はブログランキングに参加しています。
↑Click please 



コンクリート住宅情報サイトcon-sa.comもよろしく。

2009年04月22日

動脈血酸素飽和度

以前、ブログで書いたソロアルピニスト栗城史多さんが

ヒマラヤのダウラギリ(8,167m)征服を目指して着々と前進している。

現在、高度4,700mあたりにいるようだ。


先週から、彼のチャレンジをリアルに伝える「栗城ウィジェット」のダウンロードが始まった。

デスクトップ上に置くミニアプリで、彼の情報がいち早く届く。

kuriki 1.jpg

頂上アタックのときはこれで生中継される予定らしい。

アタックまであと21日。


このウィジェットの機能で、彼の「動脈血酸素飽和量」も表示される。

これは血液中にどのくらい酸素が含まれているかを示す数値。

今現在79%。

正常値は95から98%というから、かなり酸素の薄い状態なんだろう。

彼は無酸素(酸素吸入器無し)でチャレンジするので、この数値は重要だ。

極端に下がると高山病。

高山病になるならないは、その人の経験とあまり関係ないと、以前聞いた事がある。

彼の「動脈血酸素飽和量」、どこまで下がるのだろう。


以前、標高3,000mくらいの高地に行った事があるが、

「酸素が薄いってこういうことなんだ」というのを少し体験した。

顔に濡れた紙を張られているようで、呼吸に抵抗感がある感じだった。


この数値、見ているだけで、こちらが息苦しくなる。

がんばれ、栗城さん!


では、ナマステ。





コンクリート住宅情報サイトcon-sa.comもよろしく。


デザイン日和はブログランキングに参加しています。
↑Click please 

2009年04月21日

日本海ふさふさ街道、萌えっ子フリーきっぷ。

こういう企画が受けるのかどうか、まったく解らない。

予想がつかない。

沿岸バス株式会社の企画「萌えっ子フリーきっぷ」。

0moemoe.jpg


イラストは、札幌在住の佐倉はなつみさん。

有名な人なのかどうか知らないが、18禁のイラストも描いているようなので

「この手のジャンルの人」なのはわかる・・・。

似非萌えではなく、ここに本物を持って来たところは沿岸バスの意気込みを感じる。

もしかしたら、代理店が持ち込んだ企画に、とりあえず「乗っちゃいました」

なのかもしれないが・・・(バス会社だけに?)




この増毛から豊富の路線、「日本海ふさふさ街道」と命名されている。

頭髪が豊かに・・ということらし。

しかし「愛国から幸福」のキップと違い、使用には慎重な計らいが必要な気がする。

場合によっては「ケンカ売ってるのか」ということにもなりかねない。


なんだかんだ言っても、この海岸線、(何年かに一度しか通らないが)

ドライブするにはとても気持ちのいい、好きな道だ。





コンクリート住宅情報サイトcon-sa.comもよろしく。


デザイン日和はブログランキングに参加しています。
↑Click please 

2009年04月20日

コンサドーレの爆勝。

昨日は午後から札幌ドームへ。

J2リーグ、第9節、コンサドーレの相手は現在無敗でリーグトップのセレッソ大阪。

珍しく、コンサドーレにまったく興味の無い長男までもが「行ってみるかな」ということで

家族全員と義理の姉の5人で観戦。

(一口メモ)今年からコンサドーレの試合では「ファミリーシート」という券種ができ、
保護者同伴の場合、簡単な手続き(当日可)をすると小中生がシーズン中、タダになる。
大人の入場料2,000円(前売り)だけなので子供のいる家庭はとてもお得だ。



試合は・・・。

予想を良い意味で裏切って・・・、コンサドーレの圧勝!!


P1010104.jpg

前半2-1で終了。

後半1点を追加し、3-1へ。それでもまだまだ安心出来ないというトラウマ・・。

P1010111.jpgのサムネール画像

残り約15分。追加点。さすがに4-1なら、いくらなんでも大丈夫だろ。

そして終了ー。

P1010108.jpgのサムネール画像

一年以上味わっていなかったこの歓喜。あちこちでハイタッチ!ガッツポーズ!

P1010113.jpg

↓選手がいなくなっても勝利の余韻が会場内に漂う。

P1010126.jpg

↓笑顔で札幌ドームを後にするサポーター。

「今日の晩ご飯何?」(サポーター談)

P1010128.jpg






デザイン日和はブログランキングに参加しています。
↑Click please 


00P1000875.jpg 00P1000875.jpg 00P1000875.jpg 

2009年04月18日

庭。

小高い丘の上にある我が家は、札幌の中でも少し春が遅い。

やっと庭のあちこちに、小さな宿根草の花が咲き始めた。


明日の休みは、少し庭いじりをしよう。

それとタイヤ交換・・・。

まだ冬タイヤだった。

P1010095.jpg

P1010092.jpg

P1010093.jpg







デザイン日和はブログランキングに参加しています。
↑Click please 

2009年04月17日

ブログ更新100回目記念、コンサの話し。

2008年12月9日から始めたこのブログ、本日の更新で100回目。

「サイトを作ったら頻繁に更新しないとだめですよ」とクライアントには常識論で言って来たが

「でも、かな〜り大変ですよねー」と、今なら一言付け加えることだろう。


それはさておき。

先日から、当社株式会社デザインセンターが運営する新しい情報サイトがプレオープンしている。

con-sa.com(コンサドットコム)」。

Concrete Of New Smart Architectureの頭文字をとった、コンクリート住宅総合情報サイトだ。

コンクリートの良さ(=コンサ)が伝わるサイトという気持ちも込めている。

そもそもの発端は「コンクリート住宅に特化した情報サイトって無いよな」という社長のひとことから。

当社も、当社のクライアントもコンクリート住宅との関連が深い。

ならば、もっと会社やメーカーの垣根を越えて、その良さを解ってもら活動をしよう。

という経緯だ。

まだオープンしたてで、多少スカスカしているが、これから徐々に血を通わせ、肉をつけていきたい。


インタビュー企画の初回ゲストはサッカー解説者の野々村芳和さん。

CRW_7989.jpg  CRW_8063.jpg

野々村さんが現役最後に所属したチームは「コンサドーレ札幌」。

「コンサドットコム」の船出にとって、験のいい偶然。

取材を快く受けていただいた野々村さん、株式会社クラッキの浜田様

本当にありがとうございました。







デザイン日和はブログランキングに参加しています。
↑Click please  

2009年04月16日

制作実例(8)完成見学会

地下鉄駅、大型ショッピングモールへ徒歩9分。

鉄筋コンクリート3階建て新築物件が2,440万円(税込)と

札幌においても訴求力のある物件だと思います。

販売会は今週末2009年4月18日・19日。
現地/札幌市東区北34条東10丁目494番



0904ura3_o.jpg0904omote4_o.jpgのサムネール画像のサムネール画像






2009年04月15日

ラーメンサラダ、略してラーサラ。

ラーメンサラダが、北海道発のB級グルメとして全国区を目指しているらしい。

札幌大丸デパートでは今日から「ラーメンサラダ大集合」という企画を行う。


ラーメンサラダは1985年、札幌グランドホテルのビヤホールが発祥の地といわれている。

酒場のメニューという生い立ちもあって、主に札幌の居酒屋を中心にその味は広まった。

自分も初めて食べたのは確か10年ほど前、つぼ八だった気がする。


他県のひとから言わせると「冷やしラーメンじゃん!」だが、

野菜が多いし、基本ドレッシング系で食べるから「サラダだべさ!」ってことらしい。


我が家でも食卓にあがることがある。

冷しゃぶ(豚)とトマト、そしてラーメン。それをレタスに巻いてゴマだれで食べる。

結構子供達にウケがいい。



しかしこの「ラーメンサラダ」、全国区にするには少し戦略が必要な気がする。

まず、作る側のコンセプトの統一が出来ていない。

あくまで「野菜いっぱいサラダ」のカラーを守ろうとする者もあれば、

カツのせたり、ラムのせたりしてメインディッシュの座を狙おうとする者もあり・・・。

アバウトな道産子気質ここにあり!って感じで乱雑無章気味だ。


あぁ。また、どうでもいいことを考えている昼下がり。


札幌大丸デパート「ラーメンサラダ大集合」。







デザイン日和はブログランキングに参加しています。
↑Click please  


2009年04月14日

駅前通りのカラス

札幌の駅前通り、ススキノの一歩手前の中央分離帯に

P1010064.jpg

カラスが営巣している。

P1010066.jpg

雛がいるのだろう。しきりに親がエサを運ぶ。

そういえば、こんなに身近に存在するカラスだが、

子ガラスってあまり見たことが無い気がする。

一般的には嫌われ者のカラス、

一応、野鳥扱いなので、卵や雛がいる巣を取り除くには自治体の許可がいるらしい。


サイズがスズメくらいだったり、ワンポイントで金色の羽根とかついていたら

それほど嫌われる事もないんじゃないだろうか。

そんな人間目線の、たわいもない夢想をする昼下がり・・・。

彼らはただ野生の営みで生きているだけ。




デザイン日和はブログランキングに参加しています。
↑Click please  



株式会社デザインセンターでは、意匠設計、構造計算、CGパース、広告企画、
個人住宅の設計、建築施工管理を行っております。見積もり無料です。★お気軽にお問い合わせください。

2009年04月12日

一日の締めはブーイングで

妻と娘と三人で、今年最初のサイクリング。

真駒内から狸小路まで。


P1010058.JPGのサムネール画像

いい天気だ。

P1010051.JPG

ススキノのお寺で骨董市を見かけた。
またガラクタに触手を伸ばす。

P1010060.JPG


夜は札幌ドームでなさけないホームチームにブーイング。
一年以上ホームで勝っていないチームっていったい・・・。
23試合連続失点のチームっていったい・・・。

またこんな気分で週が始まるのかい。

P1010087.JPG

酔った。


早く寝よ。

2009年04月11日

無修正画像と修正画像

昨日は、コンクリート住宅完成物件の撮影立ち会い。

来週末に折り込まれる販売会チラシ用だ。

日の周りを考えて午後1時、プロのカメラマンと現地で待ち合わせ。

チラシ用の完成物件撮影時、完璧に建物が仕上がっていることはめったにない。

まだ、内装、外構工事で、作業の人が動き回っているし、工事車両がずらっと停まっている。

産廃用のゴミ籠が建物の前。アスファルト下地の砂利の山がふたつ・・・。


現場で待つ事数時間。やっとこ撮影可能な状態になった。

それでも、完璧に完成している訳ではない。



「あそことあそこは後で消しますから」と多少じゃまものがあっても撮影を敢行してもらう。

こういう事、プロのカメラマンに対して言うのは失礼なんだろうと思う。

相手の仕事を軽く見てるみたいで。


image0994_002.jpgのサムネール画像image0994_002_re.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像




株式会社デザインセンターのサイトでは、今、絵本プレゼント実施中!!
お気軽にご応募して下さい。



デザイン日和はブログランキングに参加しています。
↑Click please  



株式会社デザインセンターでは、意匠設計、構造計算、CGパース、広告企画、
個人住宅の設計、建築施工管理を行っております。見積もり無料です。★お気軽にお問い合わせください。

2009年04月10日

でんでんむしのかなしみ

今朝の朝日新聞「天声人語」で両陛下のご結婚50年とからめて

皇后様が幼少の頃愛読していた「でんでんむしのかなしみ」という絵本についてふれていた。

作者は「ごん狐」や「手ぶくろを買いに」などで有名な新美南吉。

dendenmushi.jpg


「でんでんむしのかなしみ」はこんな始まりだ。

一ぴきのでんでんむしがありました。
ある日、そのでんでんむしは、たいへんなことに気がつきました。

「わたしはいままで、うっかりしていたけれど、わたしのせなかのからの中には、かなしみが いっぱいつまっているではないか。」

このかなしみは、どうしたらよいでしょう。
でんでんむしは、お友だちのでんでんむしのところにやっていきました。
「わたしはもう、生きていられません。」
と、そのでんでんむしは、お友だちにいいました。


彼が訪ねた友達は、励ますのではなくこう言う。

「あなたばかりではありません。わたしのせなかもかなしみでいっぱいです」と。

そして、別の友達を訪ねても同じ事を言われる。

最後にでんでんむしは悟った。

「みんな悲しいんだ。もう嘆くのはやめよう」


時々、同年代の同僚と会社帰りに飲んだりすると

やっぱり、みんな同じようなものを背負っているんだなぁと思ったりする。


会社から、通りを眺めていたら、

歩いている人の背中全てに、大きな殻がついている気がした。





株式会社デザインセンターのサイトでは、今、絵本プレゼント実施中!!
お気軽にご応募して下さい。



デザイン日和はブログランキングに参加しています。
↑Click please  



株式会社デザインセンターでは、意匠設計、構造計算、CGパース、広告企画、
個人住宅の設計、建築施工管理を行っております。見積もり無料です。★お気軽にお問い合わせください。

2009年04月07日

札幌の登山家、栗城史多さん

先日、ある企画のために取材を申込んだら、

「まったく余裕がないんです。ごめんなさい」みたいな文面のメールが返ってきた。

確かにそうかもしれない。

札幌の登山家、栗城史多(くりきのぶかず)さんが昨日、札幌市内で記者会見し

ヒマラヤ山脈のダウラギリ(8,167m)に挑戦する計画を発表。

栗城さんは「単独無酸素」で世界七大陸の最高峰登頂を目指していて、残すはエベレストのみという状況。

達成すれば「単独」としては世界初の快挙になる。

この春、その登頂を計画していたが、中国政府の入山許可が下りず予定を変更、訓練もかねてのヒマラヤチャレンジ。

その様子を今回ははインターネットを通して生中継するというのだ。

0509_2.jpgのサムネール画像


何ヶ月か前、TVで彼のドキュメンタリーを放映していた。

見た目どこにでもいる26歳の青年。肺活量も人並みだと言う。

番組の中で、登山を始めたきっかけは失恋だと言っていた。

そんなエピソードも含めて、冒険家としては異質な「自然体」の印象が漂う。


「単独登頂」ということは、登山中の自分も自分で撮影するということ。

「演出」といえば「演出」だが、一旦カメラを三脚に据えて、一度下って

再び登るところを撮影したりする。

10m進むのに何十分もかかることもある高地で・・・。

何故、そこまでするのかというと、もちろん「本当に登った」という証拠の意味もあるが、

貴重なコンテンツとして放送局などに販売する事も彼の仕事のひとつだからだ。

コンテンツクリエーターという肩書きが、彼のもうひとつの顔。

命がけで撮ってくる映像だ。

その価値は大きい。


今回はインターネット生中継。

あまりそちらに気を取られ過ぎる事無く、登頂の成功を第一に考えてほしいと思う。

いや、たとえ成功しなくとも是非ご無事で・・・。


栗城史多オフィシャルサイト




デザイン日和はブログランキングに参加しています。
↑Click please  



株式会社デザインセンターでは、意匠設計、構造計算、CGパース、広告企画、
個人住宅の設計、建築施工管理を行っております。見積もり無料です。★お気軽にお問い合わせください。




2009年04月05日

ビッグイシュー、野武士ジャパン。

ジュンク堂に行ったら、ビルの前で「THE BIG ISSUE」を路上販売していたので買った。

いつも大通りのコンコースで売っていて、興味はあったが、買うのは今日が初めて。

表紙がビートルズだったのでつい衝動買い。

P1000985.jpg

巻頭特集はポール・マッカートニーのインタビュー。


ご存知の通り「THE BIG ISSUE」は、ホームレスの人が販売し、その収入を自立の契機とするもの。

300円のうち160円が販売する本人の収入となる。

活動のコンセプトは「敗者が復活しやすい社会の創造」



そんなわけで、読んでいたら「サッカーが人生を変える!野武士ジャパン」という情報が載っていた。

知らなかったが毎年「ホームレスワールドカップ」というものが開催されているらしい。

参加資格は「THE BIG ISSUEを販売しているもの」「難民」「ドラッグ依存症などのリハビリを受けているもの」。

で、2009年、日本からも参加を目指しているわけだ。

今年は第7回イタリアのミラノで開催され64カ国が参加予定。

野武士ジャパン公式サイトではそのための募金も募っていて目標は800万円。

デリケートな話なので、あれだけど、すこし違和感も残る。

でも、いろいろなところで、いろいろな人ががんばっているんだなぁ。




デザイン日和はブログランキングに参加しています。
↑Click please  



株式会社デザインセンターでは、意匠設計、構造計算、CGパース、広告企画、
個人住宅の設計、建築施工管理を行っております。見積もり無料です。★お気軽にお問い合わせください。

2009年04月03日

新入社員にエール。

通勤途中、新入社員らしき若者達とすれ違う。

災難のように突然巻き起こった世界的不況のせいで

内定取消しだの自宅待機だのというニュースも流れ

さぞ、みんな不安だったことだろう。


心の中で「ガンバレよー」とエールを贈る。


自分が大学を卒業するときも大変だった。

これは社会状況のせいではなく、

紛れもなく自分の理想と能力のギャップのせい。

成りたい職業はあったのにどこの会社も受からない・・・。

あげく大学留年。

自分の暗黒時代のひとつだ。


当時入社したかったのはレコード会社。

自分は歌も唄えなければ曲も作れなかったけど

新しい才能を発掘して世の中に送り出せたらカッコイイじゃんと思っていた。

そんな夢を見て・・・

CBSソニー(現ソニーミュージック)とか

フォーライフレコード(現フォーライフミュージック)とか受けた。

当然、受けたと言う事実だけで、箸にも棒にも掛からなかったけれど・・・。

その後フリーターみたいな時代をへて、今の仕事へ。


最期はどんな仕事をして終えるんだろう。





最近、自分でもクリックしないからとんでもない下位に低迷。
banner_13.gifのサムネール画像

↑Click please 


株式会社デザインセンターでは、意匠設計、構造計算、CGパース、広告企画、
個人住宅の設計、建築施工管理を行っております。見積もり無料です。★お気軽にお問い合わせください。

2009年04月01日

札幌スタイル

先日、柄にもなくキャンドルなど買ってしまった。

札幌在住のキャンドル作家 福井優子さんの作品「フロストピラー」。

春限定バージョンという事で、桜の花びらが氷柱(キャンドル)の中にあしらわれている。


札幌市経済局が音頭をとって行っている「札幌スタイル」というブランド推進事業。

札幌のライフスタイルや札幌の持つ価値を背景に、

「デザイン性」と「品質」「札幌らしさ」のある商品の
販路拡大と販売促進を支援する認証制度だ。

福井さんのように個人が作るハンドメイド商品や、

今まで下請けの製造会社で自社商品をもっていなかったところなど

認証されている企業も様々。


P1000956.jpg


たまたま市の担当者に立ち話程度だが話しを伺った。

「札幌市経済局産業推進部ものづくり支援担当課ブランド推進担当係」の石崎さんという若い女性。

「直接の担当が二人しかいなくて、やりたいことは沢山あるのに手が回らない状態なんです〜」

とおっしゃっていたが、顔が生き生きと輝いていて

なんだか応援したくなった「札幌スタイル」。


ただ、実際に購入出来る場所はまだまだ少ない。

常設ショップはJRタワー展望室

ネットショップはこちら


ブログランキング参加中!!
banner_13.gifのサムネール画像

↑Click please 


株式会社デザインセンターでは、意匠設計、構造計算、CGパース、広告企画、
個人住宅の設計、建築施工管理を行っております。見積もり無料です。★お気軽にお問い合わせください。

Profile

株式会社デザインセンターにて、広告企画・制作を行っています。
全国の建築、不動産会社とやり取りをしていると県民性の違いを感じることもしばしば・・・道産子はあたらし物好きで飽きっぽい。自分はその典型です。

Links

デザインセンター社長ブログ
「一日一絵」
株式会社デザインセンターの照れ屋で口べたの社長が日常生活で感じたこと、身の回りのものを絵にしています。

このページの先頭へ